おせち料理に関する知っておくと良い豆知識

subpage1

日本において毎年正月の時期に各家庭で用意されることが多いのがおせち料理です。

色々な食材がありますので、見ているだけで本当に楽しくなります。
このおせち料理には全て意味があって、元々は季節の変わり目である節句に神様にお供えしたご馳走のことをおせち料理と呼んでいました。

おせちならこちらが人気です。

それが時が経つにつれてしだいに簡略化されていって、現在は節句の中で一番大切な正月の料理のこと指すようになった経緯があります。



正月の神様である年神様に供える料理であり、家族全員の幸せを願って縁起の良い食材が沢山使用されているわけです。

おせち料理に願い込められているのが家族の健康や子孫繁栄そして五穀豊穣などで、海の幸や山の幸が様々と盛り込まれていてそれぞれに意味があります。


料理に一つ一つにおめでたいや縁起の良い意味があります。

正月に備えて準備する際には、そうした食材ごとに願い込められた意味をきちんと知ることで楽しくなります。

おせち料理の定番の料理は栗きんとんや数の子さらには黒豆や昆布巻などが挙げられます。



栗きんとんの料理には、黄金色に輝く財宝で豊かな1年を祈願する料理とされていて、勝ち栗と言われてとても縁起が良いものと昔から尊ばれています。

また数の子の料理には子宝と子孫繁栄、黒豆にはまめに働くからそれだけ元気に働けるようにという願いが込められています。
以上のようにそれぞれの料理には意味がありますので、これらの豆知識を知っておくと為になります。

おせちの情報分析

subpage2

今の時代におせちと聞きますと、近くのお店やインターネットを利用して予約する、とても豪華なものを想像する方たちも多いものです。しかしそのなかで、おせちのお料理の意味を知っている人たちはどのくらいいるのかといえば、定かではないのです。...

next

おせちのテクニック

subpage3

おせち料理は古くは奈良時代から食べられていた料理で、朝廷内で年の節目ごとに季節の旬な食材を使ってお膳に出されていました。江戸時代からは家族全員が集まる正月料理に定着し、一般庶民の間にも広く普及をして現在に至っています。...

next

おせちのおすすめ情報

subpage4

おせち料理は、中国から伝わった五節供の行事を起源とした正月料理で、現在の様な形式となったのは江戸時代以降のことです。当時の武家作法を中心として形成されたといわれており、祝い肴・口取り・焼き物・煮物・酢の物の五種類で構成しています。...

next

おせちコラム

subpage5

近年はおせち料理をネットの通販サイトから購入する人が増えてきたとの調査結果があります。料理店や百貨店などから買うよりもネットで求めている家庭の比率が上回ってきているのです。...

next